アトピーは親が原因?

近年、アトピー体質の子供が増加していますが、その原因のひとつとして妊娠前の親の食事が大きく影響していると言われています。
人間も自然界の中で生活している生物であり、口にするものも本来であれば自然の中にあるものが望ましいとされています。
しかし、食品添加物や人工甘味料など科学物質のようなものを摂取し続けることで、親の身体から栄養を受け取る胎児にも影響を与えるようになってしまいます。
こういった食べ物で拒絶反応などを起こすことによってアトピー体質になりやすいと言われています。
特にアトピーになりやすい食品とされているのがマーガリンです。
食べるプラスチックとも言われている事から摂取しすぎてしまうと親にも悪影響が出てくる場合もあります。
そのため妊娠中に摂取しすぎるとそれが原因で、アトピーを始めとした色々な炎症反応を起こしやすくなってしまいます。
このようなことからマーガリンを始めとしてそれを使った食品の過剰摂取は控えた方がいいでしょう。
それ以外にも特に妊娠中など胎児に影響を与えやすい時期はオメガ3と呼ばれるDHAやEPAなどの自然界にある質の良い油を摂取していくことが良いでしょう。

 

 

新生児がアトピーになる原因とは?

 

新生児がアトピーをおこす原因は様々です。
新生児にとって、世の中に生まれ出た瞬間は、心身両面に過大なストレスが掛かっており、それを泣くことや肌の赤みで訴えています。
母体から分離されたことによる不安は相当なもので、また外気に対する肌の感覚は、まだ十分に対応しきれない分、目一杯の赤みを携えて順応しようとします。
これらのストレスがもたらすものが、肌に赤みを長引かせたり、湿疹といった形で居残ってしまう場合があります。
ただ、一時的な乳児湿疹で終わってしまうことも多くありますので、早急にアトピーであると結論付ける必要もありません。
新生児の抱えるアトピーは、生まれ出た環境、親子関係、母乳の質、など様々な原因が考えられます。
冷暖房、ダニ、ほこりなどの住空間の問題、母親の食生活面での習慣、体の休ませ方などによって、母乳の栄養分が十分でないことなど、身の回りを見渡してみると原因はいくらでも考えられます。
考えられる原因に対策を施しても、必ずしもアトピーが治るとも限りません。
部屋の掃除をこまめにおこなっても、布団を変えても、一向に成果が見えないことでもそれが分かります。
まずは、新生児らしい生活習慣を定着させて、体の機能がしっかりとしてくる一歳の誕生日を迎えるまで様子を見ていくことが大切です。

 

 

感染症を起こしやすい?

 

アトピー性皮膚炎を患うことによって、感染症を併発しやすくなります。
アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が弱いことによって、外敵の侵入を防ぐことが疎かになっている状況でもあります。
カビ、ダニ、ダストといった住環境に蔓延しているものに対して、反応しなくても良いものに過敏さを示します。
食材の中のアレルゲンについても同様で、素直に受け入れることを拒みます。
目、鼻、喉や気管支、胃腸に入ったものが、後々かゆみの原因になってしまうこともあります。
日頃のスキンケアや体をいたわる習慣を定着させながら、徐々にバリア機能を高めていくことが大切です。
かかりやすい主な感染症としては、ヘルペス、カポジなどが挙げられます。
アトピー性皮膚炎の辛さがもたらす体力の低下によって感染症を引き起こす場合もありますので、まずは医療機関への受診と皮膚を清潔に保って体を休めることも必要です。
また、アトピー性皮膚炎は、赤みや湿疹等が伴いますが、時として、それが純粋なアトピー性皮膚炎の症状なのか、感染症によるものなのか、素人では見分けがつかないこともあります。
その判断は、医師に委ねることが賢明ですので、早めの診断を受けることも大切です。

 

 

アトピー性皮膚炎とストレスの関係は?

 

アトピー性皮膚炎の発症の原因のひとつに、ストレスを挙げることができます。
多忙さやストレスが一定の期間にわたってのしかかっていますと、体は悲鳴を上げて、様々な疾患を呼び起こします。
これ以上無理をしてはいけないと、症状という形で警告を鳴らします。
警告を発する部位は、個々人によって異なりますが、体の中でも弱い部分から始まるという点では共通しています。
そして、その警告を無視し続けていますと、症状は次第に体内の深層部に及び、ガンなどの重篤な疾患に移行することもあります。
体の部位の中で皮膚が最も弱い人になりますと、真っ先に肌荒れを起こし、ニキビ、湿疹といったものが見え隠れします。
それと同時に、かゆみが伴いますと、アトピー性皮膚炎となってしまうこともあります。
アトピー性皮膚炎のかゆみは、常に神経を逆なでしている状態になります。
まさに、ストレスを与え続けていることになります。
これに輪をかけるように日常生活の面でストレスを加えてしまいますと、治りにくい状態が続くことになります。
かゆみや肌の辛さで、ストレスを解消させるのは難しくなりますが、できる限り身体を休ませる時間を多く確保して、心身両面で身軽になっていくことが大切になります。

 

 

参考サイトを紹介します

 

アトピーの原因や色々な情報について紹介していきました。
アトピーがあると、お通じにも何らかの悩みを持っていることもあります。
お通じについては、オリゴ糖が効果がある事が知られています。
お通じに関する悩みについては、参考サイトを載せておきますので、興味があれば見てみてくださいね。

 

参考サイト「オリゴ糖の含有量が多い食品